木偶の坊
2021年4月19日

木偶の坊の由来とは?

By 座敷あらし

「木偶の坊」の由来

「木偶の坊」という言葉はご存じでしょうか?

悪い意味で使われることが多い言葉なので、馴染みがあるという方は少ないでしょうが、聞いたことはある言葉だと思います。

そんな「木偶の坊」の意味を改めて調べたのちに、由来についても調べていきたいと思います。

読み:でくのぼう

デクくん!

ヒロアカか。

知らない人には訳が分からないと思うので、無視して先行きますよ?

「木偶の坊」の意味

「木偶の坊」とは

①人形。あやつり人形。でく。
②役に立たない人。気のきかない人。人のいいなりになっている人。また、そのような人をののしっていう語。

という意味で使われている言葉です。

よく使われるのは②の「役に立たない人。気のきかない人。人のいいなりになっている人。また、そのような人をののしっていう語。」という意味です。

そもそも「木偶」とは

①木彫りの人形。また、人形。
②あやつり人形。
③役に立たない人。また、そのような人をののしっていう語。

という意味の言葉で、「木偶の坊」とあまり変わりません。

「木偶」には「木彫りの人形」って意味があるくらいしか違いは無いんな。

木が木彫りなら、偶は人形ってことかな?

そうみたいですね。

【偶】(ぐう)
①人の形に似せたもの。人形。
②二つで対をなすもの。ペア。カップル。
③二で割り切れる数。
④思いがけず。たまたま。

「木偶の坊」の由来

「木偶の坊」の由来は諸説あるので、その中からいくつかご紹介します。

泥偶(でいぐう)説

昔は人形のことを「偶」といっていました。

また、泥人形のことを「泥偶(でいぐう)」と呼んでいましたが、「でく」と略して言われるようになり、その後、人形一般のことを指すようになりました。

昔の人形といえば、手足のない木の棒のようなもので作られることが多かったようです。

そのことから、「手足を働かさないなまけ者」のことを「人形のような奴」という意味で、「木偶の坊(でくのぼう)」と呼ぶようになったそうです。

あれ?「木偶の坊」って、棒じゃなくて坊なんだね!

「手足のない木の棒のようなもので」ってあるのに!
これはひっかけ問題なんな!

「坊」は、親しみや軽いあざけりの意味を込めながら呼ぶ時に付ける接尾語らしいですよ。

てくぐつ説

平安時代から伝わる「傀儡(くぐつ)」という木彫りの操り人形から来た言葉だという説があります。

「くぐつ」とは歌などに合わせて舞わせる操り人形のことで、その人形を操る人々のことも意味し、傀儡師(くぐつし)などと言われています。

「手で動かされるくぐつ」の様子を人間に見立てて、「自らは何もしない」「指示されないと何もできない」人のことを「手くぐつ坊」と呼ぶようになりました。

それが訛ったり変化して「でくの坊」となり、「木偶」という漢字をあてて「木偶の坊」となりました。

「てくぐつ」って言いにくくない?

うむ、「てくぐつ」か「てぐくつ」か分からんくなるんな。

このほかにも、「出狂坊(でくるひぼう)」に由来しているとする説や、「手くぐつ」が訛った「でくる(坊)」から「木偶の坊」になったとするといった説もあるようです。

ですが、正確なことはいまだ分かっていないそうです。

まとめ

「木偶の坊」とは「あやつり人形。役に立たない人。気のきかない人。人のいいなりになっている人。また、そのような人をののしっていう語。」という意味で使われている言葉である。

由来は、泥人形の「泥偶(でいぐう)」から「でく」と略され、「手足を働かさないなまけ者」のことを「人形のような奴」という意味で、「木偶の坊(でくのぼう)」と呼ぶようになったという説や、

「傀儡(くぐつ)」という木彫りの操り人形から来た言葉だという説など諸説あるが、正確なことは分かっていない。

昔は「くぐつ」って、なんだかかっこよく感じてたな~。

うむ、分かるん。
「くぐつ」でも「かいらい」でも、「傀儡」って言葉に惹かれてた時があったんな。

中2でみんな通る道ですね。